あっちーの気まぐれブログ

だいたいグダグダ やっぱりグダグダ

うーんこの零戦叩き

anarchist.seesaa.net

 

1.エンジンの原型アメリカのコピー

共同開発したものを改良したのが栄らしいねぇ。逆に聞くが技術が遅れまくった日本が1から独自でエンジン開発して開戦までに間に合うと思うかい?

それと栄作ったのは中島だから堀越さんあんま関係ないお。

 

2.ゼロ戦のプロペラは、またもやアメリカのライセンス生産品!

これはホント。戦後、日本企業にライセンス料の請求が来ましたね。全て合わせて1ドルだそうですねぇ。

 

3.ゼロ戦の「大航続力」は、日本軍らしい人命軽視の賜物なのである。

96式陸攻の護衛のために航続距離は必要やったんやよ。96艦戦では距離が足りずに陸攻が落とされまくったからねぇ。陸攻を守るためのものを人名軽視呼ばわりかぁ。たまげたなぁ。

 

4.「世界に先がけて採用された20ミリ大口径機関銃の威力」なんぞは大嘘である。

戦闘機に"当たれば"威力は大きかったよ。うん。当たれば。海軍の要求に沿うには99式1号じゃなきゃ駄目だったからねぇ。

あと一番槍じゃなくても20mm機関砲を積んでいた飛行機は少なかったからそう責めてやるな。

 

5.古式ゆかしい第1次大戦時代の格闘戦にこだわり、近代戦について行けなかった日本を「進歩的」と自画自賛するとは……。

52型だって一撃離脱してただろ!いい加減にしろ!

 

ちなみに伝説ほど52型は弱くない。だいたいはガバガバ部品精度とバイオ燃料noobパイロットのせいですねぇ。

そしてこの記事のソースはこれだそうだね。

詳しくは、「旧日本軍弱小列伝」http://www.luzinde.com/「空飛ぶ納屋の戸 零式艦上戦闘機http://www.luzinde.com/meisaku/zero/1.htmlをご覧あれっ。

えぇ...

(ネタサイトを真面目なソースにしちゃ)いかんでしょ。

 

まあ、何が言いたいかって言うとね。

WarThunderの日本機最弱っていうレッテルはぁ...こうゆう偏見から来てると思うの(暴論)皆も日本機使おう(提案)